ほっかいどうデータベース

すまいる歯科 札幌駅前ぺリオ・インプラントオフィス

川端 一裕院長
かわばた・かずひろ/2003年北海道大学歯学部卒業。米国南カリフォルニア大学歯学部などでの研修、大手歯科グループ院長などを経て、18年に院長就任。

設備の整った環境で治療。欠損1本目こそインプラントを

「インプラントを入れたことで、お孫さんとの外食でも困ることなく固い物が食べられると喜ぶ患者さんがたくさんいます。初めて歯を失った時こそインプラントを考えて下さい。その1本がお口の中をリセットし、その後、数十年にわたり口腔内の健康を保つことにつながります」と川端一裕院長。

注意したいのは1本目の欠損への対応。保険のブリッジ治療の場合、短期的には噛めるが、将来的には支えている両側の2本もダメになり3本を失う。場当たり的な治療を繰り返すと、ある段階から加速度的に歯が抜け落ちていく。
「すでにブリッジを入れた人にもインプラントは有効です。両側の歯の負担を減らすことができます」(川端院長)

川端院長の持ち味は安全性と正確性を追求したデジタル治療。マイクロスコープや口腔内スキャナー、ナビシステム「X-GUIDE」など先端設備を導入して診査、診断、手術、型取りまで一貫してデジタルで行う。2020年も300本以上を埋入した。

慢性疾患である歯周病は、自費の歯周病治療「THP(トータルヘルスプログラム)」をマスターする阿部祐一理事長にお任せだ。個々が持つ歯周病菌を特定し、殺菌力および骨の再生力がある機能水とプロバイオティクスで歯周病菌を徹底的に除去する。家庭でのケアと3カ月ごとの予防メンテナンスで良好な状態を維持できる。
「コロナ禍で外出を控える方もいますが、歯周病を放置すれば免疫力が落ち、コロナ感染、重篤化のリスクが高まります。また、歩かないことによるフレイル(虚弱)も懸念されます。歯周病が進行している方は1カ月ごと、それ以外の方も2カ月に1度は定期健診を受けるのが理想的です」と阿部理事長。

阿部祐一理事長
「X-GUIDE」があれば大型モニターを見ながらインプラントが埋入できる
CO2濃度測定機器を3台導入し、換気もデジタル化。安心して通院できる