ほっかいどうデータベース

アスティ相沢眼科

相沢 芙束院長
あいざわ・ふたば/1950年北海道立女子医学専門学校(現札幌医科大学)卒業後、コーネル医科大学眼科留学。札幌医科大学眼科助教授、市立札幌病院眼科主任医長・理事を経て、92年開院。日本眼科学会認定眼科専門医。

緑内障治療は〝必要必急〟視野・視力の維持に尽力

「緑内障の治療は病状管理のみ。それを怠れば、どんどん視野が狭くなり失明に至ります。躊躇ちゅうちょすることなく受診を」と話す相沢芙束院長は、日本緑内障学会名誉会員として緑内障の早期発見・治療に尽力してきた。

長年の経験に加え、FDT(特殊な精密視野計)やHRTⅡ(視神経乳頭解析装置)、UBM(超音波生体顕微鏡)、OCT(網膜視神経解析装置)など新型の機器を用いて診断。小さな兆候もキャッチし、早期発見につなげている。

既存の緑内障患者はもとより、人間ドックなどで「眼圧が高い」と言われたり、眼科への精密検査を勧められた場合は即座に受診すべきだが、新型コロナウイルスによって受診控えが起こっているのも現実だ。

相沢院長は「緑内障は中高年の失明原因の第1位と言われる恐ろしい病気です。目に見えないコロナへの不安も理解できますが、目が見えなくなる失明リスクとも向き合い、行動してほしい」と呼びかける。

緑内障の発見に欠かせない検査機器