ほっかいどうデータベース

さっぽろ白石内科消化器クリニック

たかはし・しょう/1998年札幌医科大学卒業。同大学病院第4内科(腫瘍内科)入局。2011年から3年半の間、被災地支援として岩手県陸前高田市にある岩手県立高田病院で勤務。17年9月開業。

内視鏡検査での身体的負担軽減を第一に取り組む

「当院は検査の不安を取り除き、眠っているうちに終わる内視鏡検査が基本です。また、忙しい人でも受診しやすい環境を整えることで現役世代が安心できるようサポートしたい」と高橋祥院長。

内視鏡検査での来院は1回のみで済む。コロナ禍で可能となった電話診察を検査前後の診察に利用する仕組みだ。地下鉄東西線白石駅直結というアクセスの良さもあり、多忙なビジネスマンから好評を博している。

近年は企業健診に関する依頼も増加。新型コロナウイルスの影響で従業員の健康診断を延期した法人からの問い合わせが多い。

また、検査時の痛みを少なくするなど負担軽減にも取り組んでいる。内視鏡を挿入しない大腸CT検査や眠ったままおこなう胃内視鏡検査、大量の下剤を飲まずに検査できる大腸内視鏡検査など、さまざまな検査方法を用意して患者の負担軽減に尽力する。

このほか、クリニックでは珍しい肺CT検査も可能。胸部レントゲンによる精密検査にも対応している。

広い待合室は感染対策も万全