ほっかいどうデータベース

北7条ごうだ整形外科

佐々木 拓郎総合院長
ささき・たくろう/1998年弘前大学医学部卒業。北海道大学医学部整形外科教室、NTT東日本札幌病院、名寄市立総合病院、北新病院を経て2021年4月より現職。日本整形外科学会認定整形外科専門医。医学博士。

4月に開院。丁寧な診療と充実した環境で痛みを取り除く

4月1日に開院した「北7条ごうだ整形外科」。佐々木拓郎総合院長は股関節や膝関節といった下肢疾患をはじめ、整形外科全般を診療している。
疾患の痛みや感じ方は千差万別なため、診療は患部を直接触れる「触診」を徹底。患者の反応や細かい表情変化を読み取りつつ画像診断も並行することで、診断の精度を高めている。

治療は保存療法を念頭に、薬物療法や注射(関節内、腱鞘内、トリガー、神経ブロック)など、症状に応じてアプローチするほか、再生医療の「PRP‐FD療法」も実施。これは患者の血液から採取した血小板を用いて組織の修復を促すもので、従来の治療で症状の緩和が難しい患者に有効な治療だ。

また、人工股関節の手術も担当しており、術後に生活制限が生じやすい後方アプローチではなく、筋肉を切らず術後のリスク低減が図れる前方アプローチを採用している。

同院では、立位・荷重位で筋骨格の撮影が可能な新型MRIを道内で初導入した。
「患者さんが訴える多くの症状は、体重負荷がかかった時に発生します。そのため、従来のMRIでは症状の発生状態を捉えづらいケースがあった。他院で異常なしと診断されたケースでも、立位で撮影することで原因が解明する場合もあります」と佐々木総合院長はメリットを語る。

また、リハビリ室にはAIを搭載した新型のウエートトレーニングマシンを導入。健康維持・増進・体力アップを総合的に図ることができる。

院内感染防止策も徹底。アメリカ・シリコンバレーで開発された空気清浄機を4台設置したほか、患者が触れる可能性のある全ての箇所に、抗ウイルス抗菌ガラスコーティング剤を塗布している。
「新しいクリニックだからこそ、フレキシブルな対応が可能です。患者さんに寄り添い満足いただける医療を提供します」と佐々木総合院長。

42台の大型駐車場を完備
道内初導入の立位姿勢で撮影するMRI
スポーツジムのような雰囲気のリハビリ室