ほっかいどうデータベース

月寒すがわら眼科

菅原 敦史院長
すがわら・あつし/2003年札幌医科大学医学部卒業。札幌東徳洲会病院、札幌医科大学付属病院などを経て19年11月に開院。日本眼科学会認定眼科専門医。医学博士。

丁寧な診療と説明を徹底。豊平エリアの眼の健康を守る

札幌医科大学や道内の基幹病院で研鑽さんを積んできた菅原敦史院長。スタッフとのチームワークによる診療で、札幌市豊平区エリアの地域医療を支えている。

ドライアイや眼精疲労をはじめ、白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などの診断・検査・手術を手がけている。

中でも白内障の日帰り手術に注力。手術は新型装置を用いた「極小切開・超音波水晶体再建術」で行う。手術時間は10分ほどで、痛みもほとんど感じることなく完了する。
挿入する眼内レンズは術後のQOLを考慮した着色非球面レンズ、乱視矯正レンズ、遠近両用の機能を持つ多焦点眼内レンズなど、10種類以上をそろえている。

菅原院長は「レンズの選定基準は、術後の生活スタイルや安全性などを考慮して決めています。近年は自動車運転免許の適性検査をクリアする目的で手術を選択する人も多い」と語る。

また、緑内障の手術には線維柱体にレーザーを照射し、自然治癒反応を引き起こす「SLTレーザー治療」を行っている。
緑内障は自覚症状に乏しく失明を防ぐためにも早期発見が重要だが、同院では加齢黄斑変性や緑内障の早期発見に役立つ「3次元眼底像撮影装置」を導入。わずかな兆候も見逃さないように細心の注意を払い診断を下している。

「眼科疾患は症状が出た後では回復が難しい状態になっていることが多い。40歳以上の人は自覚症状がなくても一度検査を受けてほしい」と菅原院長は検診を呼びかける。
丁寧な診療と説明を徹底しており、口コミを中心に患者は増加。クリニックは商業施設に隣接しているため、幅広い世代が来院している。
「一人ひとりを大切に診療し、地域住民の目の健康を守っていきたい」と菅原院長。

目に優しい緑色を基調とした待合室
丁寧に対応するスタッフの評判も良い
画像や模型を用いた説明を徹底