ほっかいどうデータベース

八木整形外科病院

八木 知徳理事長院長
やぎ・とものり/1973年北海道大学医学部卒業。 同大整形外科入局。北大附属病院助手を務めた後、米国フロリダ大学留学。95年手稲八木整形外科開設。2005年山の手通八木病院開設。日本整形外科学会認定整形外科専門医。医学博士。

「人工関節置換術」でつらい膝痛の完治を目指す

進行すると痛みで歩行が困難になる変形性膝関節症。コロナ終息後のアクティブな生活のためにも早期治療が重要だ。

この変形性膝関節症の手術を得意としているのが八木知徳理事長。「手術は最終手段」というスタンスを貫くが、完治を目指す患者には手術を提案している。
傷んだ軟骨のみを置換する人工関節部分置換術をはじめ、関節すべてを置換する人工膝関節置換術など、症状に応じて複数の術式を選択。術後を見据え、骨を切る角度や関節の軸、靱帯のゆるみなどにも配慮し、自然な膝の屈曲性を追求している。難しいとされる両膝の同時手術や再手術にも対応するなど、4800例(2021年7月末現在)を超えるオペを遂行して培った技術を発揮している。

術後のリハビリも手厚く、日常動作ができるまで丁寧にサポートしている。
9月26日には札幌教育文化会館で「〝膝の痛みよ さようなら〟」と題した医療セミナーを開催予定。参加は無料となっている。 

切開は約12センチと通常の半分程度