ほっかいどうデータベース

江別こばやし眼科

小林 和夫理事長
こばやし・かずお/2002年札幌医科大学医学部を卒業後、同大学付属病院眼科入局。09年から江別市立病院眼科主任部長として6年間勤務。15年5月1日に江別こばやし眼科を開業。日本眼科学会認定眼科専門医。

ICLメーカー認定施設として地域医療の充実を図る

近視矯正法の1つであるICL(アイシーエル)は、角膜を削らず裸眼視力を回復させる新しい視力矯正手術方法だ。先端の近視治療として近年注目が集まっている。
ドライアイや緑内障、視力矯正から日帰り白内障手術まで幅広く手掛ける「江別こばやし眼科」の小林和夫理事長も、ICLに注力している眼科医の1人だ。

これまで近視矯正手術の主流だったレーシック手術とは異なり、ICLは角膜形状をほとんど変化させずに視力矯正手術が可能。具体的には専用の小さなレンズを眼内にインプラントすることで近視や乱視を矯正する治療方法だ。術後の違和感や光のちらつき、ドライアイの症状を感じることも少ないという。
「術後早期から安定した視力が得られ、長期にわたって維持することができます。入院も不要で手術時間は片眼あたり10分ほど。患者さんの負担軽減にもつながります。事前に視力や屈折などの検査とカウンセリングを実施し、万全な体制で手術に臨みますが、万が一何らかの問題が起きても、レンズは取り出すことが可能なため、術前の状態に戻すことができます。コンタクトレンズとは違いくもったり、汚れたりしないので日々のお手入れも不要です」と小林理事長。 

さらに、2020年7月には道内で10施設(21年7月現在)しかないICL認定医院の1つとなっている。

また、小児の近視矯正にはオルソケラトロジー治療を推奨している。特殊なカーブを描くコンタクトレンズを就寝時に装着し、角膜の形状を矯正する治療法だ。最大のメリットは日中は裸眼で過ごすことができること。従来は成人の近視矯正方法として普及したが、近年は小児の近視進行抑制データが多く報告されており、処方が増えている。

小林理事長は「眼の疾患は年々多様化しているが、道内では札幌に高度医療が集中し、地方で診察から手術までワンストップで完結できる施設は少ない。当院では患者さんにより良い医療を提供するため、常に治療の選択肢を増やしています」と話す。

バス停からも徒歩1分でアクセス良好。駐車場は20台以上を完備
外光を取り込んだ明るい待合室
さまざまな検査に対応する設備