ほっかいどうデータベース

札幌脊椎内視鏡・整形外科クリニック

長濱 賢院長
ながはま・けん/2003年徳島大学医学部を卒業後、北海道大学整形外科入局。
助教を経て15年我汝会さっぽろ病院着任。20年10月に開院。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

内視鏡を用いた先端の腰椎手術で早期の社会復帰へ

脊椎内視鏡手術を専門としており、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症など、脊椎疾患全般に対応する。2020年10月の開院以来、既に209件(21年8月現在)の手術を手掛けている。北大医師を含め5人の執刀医を擁する同院だが、最大の特徴は長濱賢院長の内視鏡手術だ。他の脊椎外科医より患者紹介を受けることも多く、道外から訪れるケースもある。

内視鏡を用いた腰椎固定術「PETLIF(ペトリフ)」は13年の北海道大学病院整形外科助教時に長濱院長自身が考案。世界的にも先端の新手術方法として認知され、国内では限られた医師しか施術することができない術式だ。それまで主流だった腰椎固定術は、いずれも腰部の皮膚切開と筋肉剥離を伴う。一方、PETLIFは内視鏡やネジを挿入する数箇所の小さな傷(約2㌢)のみで手術が可能。開口部はカットバンで止血でき抜糸も必要ない。神経自体に触らず、骨や関節をそのまま残すこともできるため、身体への負担が軽減される。さらに、手術直後から痛みの改善が期待でき、当日から歩行を開始できる場合も多いという。同院の通常手術に比べて入院期間も短縮され、早期の社会復帰を目指すことが可能だ。

加えて、腰椎椎間板ヘルニアに対する全内視鏡下手術「FED」「PED」では、全身麻酔を必要とせず、直径8ミリの特殊な内視鏡を用いヘルニアを摘出。1泊の入院で治療ができる。

一方、長濱院長は北海道大学整形外科の客員医師として講演や医学論文を執筆し、全国的に活躍もしている。内視鏡手術を専門とする医師が中心となり発足した完全内視鏡下脊椎固定術研究会「KLIFを語る会」の評議員を務め、全国の脊椎外科医への技術指導も行う。また、富士フイルム(本社・東京都港区)と画像描出技術を共同開発するなど医療発展にも注力している。
「日々の診療に加え学術的な活動を行うことは心身共に負担がかかる。しかし先進的な治療を安全に行うためには、科学的根拠を示した上で他の医師から評価を受けることが重要。その結果を元に世界的なトップリーダーたちとディスカッションできることが自己鍛錬となり、医療の質を高めることにつながる。根拠のある先進医療を責任持って提供するため日々努力します」と長濱院長。

PETLIFとして2015年から6年間で120例以上を施術。全国一の施術数だ
実際の手術動画による説明も行う