ほっかいどうデータベース

池上学院グループ

札幌市豊平区にある池上学院高等学校本校舎

〝池上メソッド〟で学力不振、不登校などの教育弱者を救済

義務教育制度のある日本でも、さまざまな事情で教育を受けられない子どもがいる。いわゆる〝教育弱者〟と言われる子ども達の学びの機会を提供し、先進的な取り組みを行っているのが「池上学院グループ」だ。
中核の学校法人池上学園では札幌市内で「池上学院高等学校」と「池上学院グローバルアカデミー学院」を運営。現在も約1000人の生徒が学んでいる。

グループのスタートは、創設者の池上公介氏が1969年に開設した「池上イングリッシュクラブ」だ。英才教育に特化した学習塾を運営していたが、85年に某予備校の計画倒産により続出した中学生浪人救済のため、高校再受験予備校を開設。この出来事を転機に、教育方針を教育弱者の救済へと転換した。
教育を受けられない子どもが生まれるのは、家庭環境や学力不振、いじめ、ひきこもり、不登校などが原因。近年ではコロナ禍による経済的事情も顕在化している。
同グループでは、こうした社会の要請を受け、生徒を認め基礎学力と長所を伸ばす独自の教育法〝池上メソッド〟で、子どもたちにセカンドチャンスを与える理念を実践。その成果は〝奇跡の大逆転〟として度々報道され、全国的に注目されている。

札幌に本校を置く道内唯一の私立通信制高校として04年に開校した池上学院高等学校には、通信コースと週5日通学型の「総合コース」があり門戸を広く開いている。また、函館、旭川、帯広、釧路、北見、室蘭、苫小牧などの道内主要都市にもキャンパスを開設し、遠方で通えない生徒にも学びの場を提供。これまでに4300人を超える卒業生が大学進学や就職を果たし社会の一員として活躍している。

一方、「社会生活学科」「情報システム学科」を置く池上学院グローバルアカデミー専門学校では完全少人数制を採用。池上メソッドを導入した個別指導で人間力も伸ばしている。

学園前キャンパス
苫小牧キャンパス
池上学院グローバルアカデミー専門学校