ほっかいどうデータベース

千の杜 札幌東分院

駐車場100台完備。葬儀も執り行うことができる

自然の光に包まれた近代的な都市型室内納骨堂

室内納骨堂「千の杜」は、明るい〝光〟と清らかな〝水〟をテーマとして造られた近代的な納骨施設。宗教法人栗嶋教会(本部・千歳市)が管理・運営し、道内には「千歳本院」(千歳市北信濃964-12)と「札幌東分院」の2施設がある。

どちらも館内には近代的な納骨壇のほか、本堂や礼拝堂、葬儀や法要時に利用(会員のみ)できるセレモニーホール、宿泊施設などを完備。エレベーターも設置され、すべてがバリアフリーとなっている。

東分院での納骨壇は「一般納骨壇」(3タイプ)と「VIP納骨壇」(4タイプ)を用意。すべてが一段式で、上段が仏壇、下段が納骨壇となっている。年間管理費がかからない「永久納骨壇」もあり、どのタイプも扉に描かれている蒔絵が美しい。

両施設とも「新北海道スタイル」安心宣言に基づき、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組んでおり、換気や定期的な消毒などを行っているので安心してお参りすることができる。

2012年に開院した「千の杜千歳本院」