ほっかいどうデータベース

多機能加湿装置「ナノフィール」に大能力タイプ新発売

オフィスや介護施設、病院のロビーなど大空間施設からの引き合いが多い

暖房・空調機器大手のコロナ(本社・新潟県三条市)は6月1日、多機能加湿装置「ナノフィール」に、最大300平方メートルの空間に対応する大能力タイプを新発売した。

「ナノフィール」は、加湿、消臭、除菌、空気清浄を行う〝1台4役〟の業務用の多機能加湿装置。
コロナが独自に開発した世界初のマイナスイオン発生技術を用いて10〜500ナノメートルという分子レベルの超微細な水分100%のマイナスイオン(ナノミスト)を大量に発生する。
一般的なスチーム加湿と異なり、水濡れ感のない快適な加湿が特徴で、浮遊菌やカビ、花粉、PM2.5などがナノミストに溶け込み、水とともに排出する画期的な仕組み。給水経路に銀イオン発生ユニットを搭載して機器内部の除菌も行う。自動給排水の「据置型」と配管工事が不要な「移動型」があり、オフィスや介護施設、病院、教育機関、スポーツジムなど、人が集まる施設の室内環境をクリーンに保ち、全国で導入が進んでいる。
新発売の大能力タイプは据置型で、適応床面積は最大300平方メートル。従来型(138平方メートル対応)では複数台の設置が必要だった大空間にも1台で対応可能で、初期費用を抑えることもできる。

同社では、定期点検契約を設定しており、全国を網羅するサービスセンターによる万全のアフターが受けられる。
詳細・問い合わせははコロナ札幌支店☎011・864・0440、または同社ホームページhttps://www.corona.co.jp)で。