ほっかいどうデータベース

札幌御嶽神社内に1000坪のドッグランがオープン

全長100mで傾斜が特徴。複数頭の大型犬が走り回れる広さを確保

宗教法人「札幌御嶽神社」(札幌市西区、菊地茂夫代表)が、5月1日「さっぽろドッグランド」をオープンした。プレオープン期間は特典もあり、早くも評判となっている。

札幌御嶽神社は、札幌の街並みを一望できる丘の上に位置(札幌市西区小別沢)し、敷地面積は1万2000坪を誇る。2011年に全国唯一の神式ペット霊園「やすらぎの丘」を開業し、年間の火葬は2000件以上をおこなう。

ドッグランの着想は2年前で「火葬の待ち時間や供養の際などで使用できるようにとの思いから実現化しました」とさっぽろドッグランドの菊地敦美マネジャー。
設計・監修は札幌最大級のドッグランだった「ドッグストック」のスタッフが担った。広さは約1000坪で、手入れの行き届いた天然芝に傾斜もあるため、犬の運動不足解消には最適。小型と中〜大型犬用にエリアを仕切り、双方に足洗い場も完備。ほかにも、施設内でトリミングもおこなえる。ペットの複合施設として、充実化が図られている。

菊地マネジャーは「霊園であるためこれまでは〝また来てください〟とお声がけするのに戸惑いがありましたが、楽しい思い出をつくれる場所になりました。神様が見守る丘の上で思いきり駆け回ってほしい」と話す。
プレオープン期間は5月25日までで完全予約制。期間中の入会は登録料が半額の5500円(1頭、税込)のほか、特典も盛り沢山だ。詳細は☎︎090・9800・0846(菊地マネジャー)まで。

札幌市西区にある札幌御嶽神社