ほっかいどうデータベース

住まい相談所(ラポール)

窓口で相談に応じている渡邊博行社長

住宅要配慮者の住居探し専門店

「住まい相談所」は、60歳以上の高齢者や生活保護受給者、母子(父子)家庭などの住宅要配慮者を支援。主に住宅問題に関して幅広く相談に応じている。

「当社は札幌市内、近郊に常時約3000件の空き室情報を有しており、相談者の要望に合わせて良質な住まいを無料で提案しています」とは渡邊博行社長。

2018年には北海道指定居住支援法人にも指定。物件の売却や不用品処分などもおこなっており、昨年からはグループホーム事業も開始している。