ほっかいどうデータベース

イエストホーム

平成初期に建てられた物件でも満室へ導く

入居者目線で空室に悩むオーナーへ的確に提案

中古収益物件の売買や賃貸仲介、管理を手掛ける「イエストホーム」は2019年の創業。  
仲介と管理業務を併せ持つため、自社管理物件への入居付けに強い。住居を探している顧客に対し条件が合致していれば、積極的に自社管理物件に紹介ができる。

入居募集の戦略をオーナーと一緒に考察することも特徴の1つだ。
「仲介業は入居者の生の声が聞ける。仲介業者の立場から募集プランを提案をします」と矢部尚哉社長。 

どんな物件のニーズが高いかを詳細に情報収集することで、空室に悩むオーナーへの的確な提案を可能としている。平成初期に建設された物件であっても、独自のネットワークと情報量で満室へ導くケースも多く、入居率は94%(21年4月現在)を維持。管理手数料も月額で賃料の3%からか、1500円(税別)からと低負担だ。

仲介では昨年8月に物件探しにZoomを使ったオンラインでの接客サービスも導入した。こうしたサービスが口コミやSNSを中心に広がり評判となっており、仲介事業も好調だ。

経験豊富なスタッフが揃い(上)、本社では賃貸仲介も手掛ける