ほっかいどうデータベース

モード・アライブ

名寄市で企画した新築物件

道央、道南、道北エリアの〝穴場〟で新築物件を企画

賃貸物件の管理と新築企画を手がけるモード・アライブ。賃貸仲介店「部屋モード」を札幌、函館、旭川、倶知安に展開しており、各地それぞれの入居者ニーズをキャッチしている。

中上裕幸社長は「〝道内で不動産投資をするなら札幌〟という固定概念があるようですが、入居者募集に困らない〝穴場〟は各地にあります。しっかりとマーケティングした上で提案しています」と語る。
その一例が写真(上)の企画物件だ。場所は旭川と稚内の中間に位置する名寄市。高稼働は当然のこと、退去予定の告知のみで入居申し込みが入ることも珍しくないという。

そのほか札幌以外では千歳、恵庭、石狩、北広島、倶知安などでも収益不動産を数多く企画。どれも高い稼働率を誇っている。

また、最近は不動産投資の事業化を図る企業からの相談も増えている。
「社有地の活用だけではなく、新規出店と賃貸マンションを組み合わせた事例もあります。札幌で培った賃貸経営のノウハウをご提供します。道央、道南、道北エリアはお任せください」と中上社長。

倶知安町でも複数のアパートを企画