ほっかいどうデータベース

アイングループが1018人の新入社員を迎え入社式

感染対策を徹底して開催された。写真は札幌会場

調剤薬局チェーン国内最大手のアインホールディングスが2021年度の「アイングループ入社式」を4月1日に全国6会場で開催。
新入社員は1018人の大量採用となった。

調剤薬局とコスメ&ドラッグストア「アインズ&トルペ」を全国に展開するアインホールディングス(本社・札幌市、大谷喜一社長)。調剤薬局数は20年10月末時点で1060店舗で、国内最多を誇っている。

WEB会議システムを使い全国6会場を結んでおこなわれた入社式には、全国で最多、および過去最多となる薬剤師600人を含む、1018人の新入社員が参加。これは国内全企業で5位の規模。もちろん道内企業としては断トツのトップで、同社の躍進を象徴する入社式となった。

150人の新入社員が集まった札幌会場で登壇した大谷喜一社長からは「多くの新入社員を迎えることができたのは、企業の成長の証。全社員で皆さんを歓迎します。私たちは常に新しい事に挑戦し進化を続ける企業。社員が幸せを感じる『社員ファースト』が究極の『患者さま、お客さまファースト』へとつながる。お互いを思いやり、素晴らしい組織へと成長していきましょう。厳しい時代だが、皆さんの未来は開かれています。新しいことにチャレンジをして欲しい」と力強いメッセージが送られた。

新入社員に向けてメッセージを送る大谷喜一社長