ほっかいどうデータベース

三邦工務店

リビングは木目調にこだわり明るく開放的

妥協しない家づくりで施主の希望を具現化

1989年の創業以来、江別エリアを中心に住宅を供給している「三邦工務店」。年間の供給棟数を絞る代わりに〝妥協しない家づくり〟を徹底。多くの施主の要望を具現化し、顧客は口コミによる紹介がほとんどだ。

「納得のいく住まいを手に入れてほしい。そのために、プランニングの段階から施主さまと何度も打ち合わせを重ねます」と加藤政彦社長。
トレンドやニーズを反映させた家づくりが特徴的で、フローリングにはイクタ社の「光触媒フローリング」を今年度から標準採用した。LEDや太陽光などの光が当たると床に付着したウイルスやシックハウスの低減、消臭効果などが期待でき、快適な室内を保つ。また、新型の空間除菌脱臭機も取り扱っている。
これらは高コストでありながらも独自の調達網を駆使して低廉化。建築コスト抑制に努めるのも加藤社長の信条だ。

同社は地元密着を貫いており、江別市内の土地取得にも強い。フットワークの軽さと独自ルートを活用して、最新情報の取得にも注力している。

シックな色合いでも存在感を示した住宅