ほっかいどうデータベース

アンビシャスエージェント

田原章象社長

火災保険の補償を応用した現金化をサポート

マイホームに無くてはならない火災保険。実は火事以外の台風や雪といった自然災害による損害も補償の対象としており、保険を活用することでまとまった現金を得られる。

例えば「台風で壁が壊れた」「雪の重さで屋根がへこんだ」などの被害のほか、小さい傷でも数十万円もの保険金が下りるケースがある。

「アンビシャスエージェント」では、こうした保険申請を代行している。専門家と連携し住宅やビルの損害調査から見積もり作成、給付申請までおこなう。

「この保険金は見舞金として給付されるので使い道は自由です。リフォームに使う必要はありません。災害は何度でも襲って来るものであるため被災する度に申請できます。自動車保険と異なり、保険料にも影響しない」と田原章象社長。

ただ、一般人が申請するのは難易度が高い。危険個所の確認ができず、建築法に基づいていないと受給額も低い。さらに申請後リフォームしなかった場合、次回の同一カ所の再申請には影響が出ることもある。専門家に頼んだほうが確実だ。

「当社は完全成果報酬なので、保険金が支払われるまで費用はかかりません。見積もりも無料ですのでご相談を」と田原社長。