ほっかいどうデータベース

システムデザイン開発

紙での検査時にはデジタルペンも貸与している

「こころメイト」が職場のストレス原因を特定する

職場には、目に見えないさまざまなストレスが存在しており、それを把握して取り除くことができれば、業務改善や離職率の上昇が見込める。

ソフトウェア開発やクラウドサービスを提供している「システムデザイン開発」は、2015年にクラウドを用いたストレス検査サービス「こころメイト」を開発した。

同サービスは、厚生労働省が大手企業に対して従業員のメンタルチェックを義務づけたことから開発をスタート。これまでに行政機関や病院、介護施設などを中心に、全国で約50万人が利用している。

検査はウェブと紙が選べ、個人にパソコンが貸与されていない事業所にはタブレットを貸し出す。紙での検査にはデジタルペンも貸与している。

結果は被験者である従業員個人のみに開示。集められたデータは、支店や課といった部署単位で集計分析できる。

さらに検査精度を高めるため「医療法人社団五稜会病院」「札幌CBT&EAPセンター」と連携。北海道医療大学・坂野雄二教授の研究なども盛り込む。

菅野滿社長