ほっかいどうデータベース

JT北海道支社が札幌のLGBT団体に200万円を助成

白男川正行支社長を挟み金子弘実(左)、満島てる子(右)の両副実行委員長

JT北海道支社は、2020年度の「SDGs貢献プロジェクト」の助成先に「さっぽろレインボープライド実行委員会」を選定。200万円の助成金を交付した。

「JT SDGs貢献プロジェクト」の2020年度助成先の1つに選定されたのは「さっぽろレインボープライド実行委員会」。性的マイノリティ当事者が抱える数々の問題を解消すべく活動している団体だ。

活動内容は、札幌市内中心部を自由な格好で練り歩くパレードの開催など。LGBTの周知やLGBTの存在を前提とした社会制度への変革を目指している。

1月20日の助成金交付式で満島てる子副実行委員長は「北海道はカミングアウト率が2割を下回っており、全国的にも低い。存在が可視化されていないのが問題」と指摘。今年はオンライン配信も活用し、9月中のパレード開催を目指すという。

JT北海道支社の白男川正行支社長は「格差是正に向け、金銭面だけではなく、当社が持つ自治体や企業とのつながりを生かし、支援の輪を広げていく。そして個性を尊重しあうことのできる社会を実現していきたい」と語った。

同支社は、札幌市LGBTフレンドリー企業制度で最高位の3つ星を獲得したことでも知られている。

昨年は339人がパレードに参加。オンライン配信では1万5000人が視聴