ほっかいどうデータベース

札幌青年会議所が「21年度新年交礼会」をリモート開催

挨拶する藤田真吾第70代理事長

札幌青年会議所は新型コロナウイルスの影響で毎年1月におこなわれていた「新年交礼会」を自粛。21年度はリモートで開催し、その模様を1月7日に動画配信した。

一般社団法人札幌青年会議所(JC)は、1951年に27人の青年たちが集い、全国で18番目の青年会議所として誕生。今年で創立70周年を迎える。

20年9月には札幌で「日本青年会議所全国大会北海道札幌大会」が開催され、全国から1万人を超える若手経済人が集まる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で史上初のオンラインでの開催となった。

そんな中で、21年の「新年交礼会」も昨年末に自粛することが決定。12月16日に三河屋会館本館ビルで事前収録し、1月7日に同会議所ホームページ内のYou Tubeチャンネルで配信した。

約1時間弱にまとめられた動画では、通常開催時同様に国歌並びにJCソング斉唱からスタート。21年度の新理事長に選出された藤田真吾第70代理事長が「基本理念である〝世界中に愛され笑顔と人が集うまち SAPPOROの創造〟を目指し、私たちの挑戦が始まります。温かいご支援、ご協力を」と挨拶した後、新三役が紹介された。

続いて、来賓の鈴木直道知事、秋元克広札幌市長、岩田圭剛札幌商工会議所会頭が祝辞を述べ、その後、21年度の創立70周年記念事業活動の方針などが発表されている。

なお、動画は現在も閲覧が可能。詳細は、同事務局☎011・222・1439まで問い合わせを。