ほっかいどうデータベース

新川中央眼科

小川 佳一院長
おがわ・けいいち/1996年旭川医科大学卒業。旭川厚生病院、苫小牧市立総合病院、道立江差病院で勤務後、開業。日本眼科学会認定眼科専門医。ハイテクノロジー専門学校非常勤講師。

ドライアイの新治療で患者のQOLを向上させる

年々増加するドライアイ患者。オンラインでの商談や会議も身近になり、さらなる増加が危惧されている。

「主な原因はコンタクトレンズ、エアコン、コンピューターと言われています。モニターに集中すると瞬きの数が減少し、発症リスクが高まる」と小川佳一院長。

症状は目が疲れる、ゴロゴロするといった不快感をともなうものから、大量に涙が分泌されるケースもある。タイプによって治療法は異なるため、正確な診断が重要だ。

小川院長は、涙液の表面を覆う油層機能に着目。「油層は涙液の蒸発を防いだり、涙液の表面張力を上昇させ涙を留めておく役割を担っているが、加齢や疲労、化粧などの影響で機能が低下しているケースがある」と点眼治療や涙点プラグ・涙点閉塞術に加え、IPL治療を実施している。

「油層を分泌する上下まぶたの縁にあるマイボーム腺に特殊な光を専用機器で照射し、油の質を改善します」
月に1度の照射を目安に、計4回照射して経過を観察する。自由診療となり、治療費は1回5000円。多くの患者に症状の改善が認められている。

照射時間は10分ほど