ほっかいどうデータベース

吉田眼科

網野 泰文院長
あみの・やすふみ/1996年山梨医科大学(現山梨大学医学部)卒業。北海道大学眼科入局。北海道大学病院、北海道がんセンター勤務等を経て、2006年吉田眼科副院長、07年同院長に就任。日本眼科学会認定眼科専門医。

白内障の日帰り手術に豊かな経験と実績

吉田眼科は60年にわたり札幌中心部に隣接する西創成地区で、地域の〝かかりつけ医〟として診療を続けている。

2代目の網野泰文院長は、北海道大学病院や北海道がんセンターなどでの勤務医経験があり、白内障をはじめ幅広い年齢層における眼科疾患の治療に豊富な実績を重ねている。

眼の疾患は初期の自覚症状がはっきりしないのが特徴で、よく聞かれる白内障もその代表例。眼球内の水晶体というレンズが濁る病気で、視野がかすむ、ぼやける、二重に見える、暗い、まぶしいなど、人によって症状はさまざまだが、多くは加齢が原因。70代になると約8割の人に見られる。

また、加齢以外にも糖尿病などの全身疾患や、喘息などで用いるステロイド剤、強度近視等が早期発症のリスクになるという。
「多くは両眼ともに進行します。日常生活に不便を感じるようになったら治療を考慮しても良いと思います」と網野院長。
進行を遅らせる点眼薬もあるが、根本的な治療は手術となる。ほとんどが片目ずつ日帰りでおこなっている。

「1回の手術は15分ほど。痛みもほとんどありません。術前の準備や術後の安静時間を含めても1時間半程度で済みます。1週間ほど間隔をおいて、もう片方の手術をおこないます。手術に至るまでは患者さんに納得いただけるまで説明・相談させていただき、さまざまな面で日常生活に支障が生じないよう配慮しています」と網野院長。

同院では各種検査機器を完備し、国家資格である視能訓練士が常駐して機能回復訓練や相談に応じている。

また、院内はバリアフリー仕様で車椅子での受診も可能。アクセスも市電「山鼻9条」前で、地下鉄南北線「中島公園」駅からも徒歩圏と交通至便だ。

札幌市電「山鼻9条」前に立地
手術室。隣には休憩コーナーも設置
視能訓練士による各種検査を実施