ほっかいどうデータベース

桑園オリーブ皮膚科クリニック

米田 明弘理事長院長
よねた・あきひろ/1997年札幌医科大学医学部卒業。2002年同大大学院修了。米国Wistar研究所、札医大皮膚科外来医長、病棟医長などを経て、14年4月開院。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。

デュピルマブ配合の新薬を提案。自己注射で通院頻度減少

皮膚科全般に対応する米田明弘院長は、アトピーの新たな治療として2018年に国内で承認された新薬をいち早く取り入れた。

「ステロイドで良い結果が得られない、または症状が中度以降の人に勧めています。副作用はほぼなく、皮膚のかゆみや赤み、かたさを抑えられるケースが多い」

新薬には「デュピルマブ」という遺伝子組み換え抗体が含まれる。「2つのアトピー原因物質の働きをピンポイントで抑制します。皮膚表面を治癒するステロイドに対し、新薬は根本原因を抑えます」と米田院長。
当初は2週間ごとに来院し、皮下注射で投与していたが、現在は患者自身による自己注射を推奨している。20年12月からは針が見えないペン型の注射器になり、患者の恐怖心を低減。慣れれば1分ほどで注射を終えられる。来院頻度を減らすことで、コロナ感染リスクと不安を軽減させている。
薬剤は1〜3カ月分を一度に処方。高額療養費制度を利用することで、医療費の節約につながるケースも多いという。

自動精算機を完備。院内の滞在時間を短縮