ほっかいどうデータベース

桑園整形外科

本間 信吾名誉院長
ほんま・しんご/1971年北海道大学医学部卒業。同大整形外科入局。79年米国アイオワ大学留学(脊椎バイオメカニクス)。80年市立札幌病院整形外科部長を経て、2009年桑園整形外科副院長に就任。11年医療法人社団くわのみ会名誉院長に就任。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

徹底したコロナ対策で通院促進。手術なしの腰痛治療

コロナ禍での通院が不安だという人のために「桑園整形外科」では、さまざまな感染症対策を講じている。

患者、見舞客、全ての医療スタッフがマスク着用なのはもちろん、来院者全員の検温をおこない、消毒液も至る所に設置。こうした基本的な対策に加え、受付にはアクリル板を設置し、「プラズマクラスター」と「HEPAフィルター」付きの空気清浄機を約20台新たに導入した。
また、診察室は患者が1人出入りするごとにイスやドアノブ、手すりに至るまで徹底的に消毒。手術室はクリーンルームで、病室は全室個室。さらに見舞も1人のみ10分以内、18時までの時間制限を設けている。

本間信吾名誉院長は、腰痛及び脊椎疾患を得意とする整形外科医。問診に重きを置く独自のスタイルで数多くの腰痛患者の痛みを解消してきた。

「腰痛にはレントゲンの画像診断だけではわからないさまざまな理由があります。患者さんの痛みを理解し、原因を丁寧に説明することで思い込みが解消され、痛みがなくなることも少なくありません」
腰痛はさまざまな医療機関を受診しても治らず、医師嫌いになりがちだが、本間名誉院長なら話しやすいはずだ。
「患者さんから見れば医師は強い立場でしょう。医師が強く主張すれば患者はうなずいてしまう。だからこそ謙虚に丁寧な説明を心がけています」(本間名誉院長)

腰部脊柱管狭窄症も得意分野の1つ。変形脊椎症が悪化し、脊柱管が狭くなった状態を指す疾患で、腰痛に加えて足のしびれや痛みも出てくる。長い時間歩き続けられないため、歩行と休息を繰り返し、時には下肢のしびれも感じる。
「手術は強い痛みが続く場合の最終手段。多くの患者さんは運動療法や生活動作指導、神経ブロック療法などで改善できます。一緒に頑張りましょう」と呼びかける。

なお、同院と「JR桑園駅」「地下鉄東西線二十四軒駅」「琴似バスターミナル」を回る無料巡回バスも30〜40分間隔で1日14便運行。公共交通機関を避けたい人も安心だ。

受付には飛まつ防止のアクリル板を設置
院内には数多くのプラズマクラスター空気清浄機を導入
HEPAフィルター付空気清浄機も導入。幅広いウイルス対策を施している