ほっかいどうデータベース

札幌脊椎内視鏡・整形外科クリニック

長濱 賢院長
ながはま・けん/2003年徳島大学医学部を卒業後、北海道大学整形外科入局。助教を経て15年我汝会さっぽろ病院着任。20年10月に開院。日本整形外科学会認定整形外科専門医。

内視鏡を用いた脊椎固定術。低侵襲で早期の社会復帰へ

2020年10月に開院した「札幌脊椎内視鏡・整形外科クリニック」。長濱賢院長は脊椎内視鏡手術を専門とし、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症など、脊椎疾患全般に対応する。

13年の北海道大学病院整形外科助教時に、内視鏡を用いた低侵襲腰椎固定術「PETLIF(ペトリフ)」を考案した。新たな手術方法として認知されているが、国内では限られた医師しか施術することができない術式だ。全国の脊椎外科医に技術指導もおこなっており、技術推進プロジェクトメンバーの1人でもある。

全国の内視鏡手術を専門とする脊椎外科医が中心となり20年に発足した完全内視鏡下脊椎固定術研究会「KLIFを語る会」の評議員も務めている。「今後は研究会を通してPETLIFをもっと世界的に広めていきたい」と長濱院長は力を込める。

「腰椎固定術」は多岐にわたるが、これまで代表的だったのは経椎間孔椎体固定術(TLIF)や後方侵入椎体間固定術(PLIF)などだ。いずれも腰部の皮膚切開と筋肉剥離をおこなう。一方、PETLIFは内視鏡やネジを挿入する数箇所の小さな傷(約1㌢)のみで手術が可能。開口部はカットバンで止血ができ抜糸も必要ない。神経自体に触らず、骨や関節をそのまま残すこともできるため、身体への負担が軽減される。手術直後から痛みの改善が期待でき、当日から歩行を開始できる場合も多いという。同院の通常手術に比べて入院期間も短縮ができ、早期の社会復帰を目指すことが可能だ。

また、「全内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(FED、PED)」では、直径8ミリの内視鏡を用いてヘルニアを摘出。1泊の入院で治療ができる。

「脊椎内視鏡は手術の低侵襲化を目的に開発された技術ですが、最も低侵襲な治療は手術を回避する予防治療です。当院は痛みのコントロールに特化したペインクリニック内科も開設しており、 〝予防と手術 〟の使い分けをしています」という長濱院長は、疾患をより簡便かつ的確に診断するための画像描出ツールを富士フイルム(本社・東京都港区)と共同開発するなど、医療発展にも注力している。

PETLIFとして2015年から5年間で100例以上を施術。全国一の施術数だ
PETLIFの図式。自ら設計・作製した特殊な手術器具を使用
撮影した手術動画を用いて術後説明をおこなっている