ほっかいどうデータベース

ささもと眼科クリニック

笹本 洋一院長
ささもと・よういち/1984年北海道大学医学部卒業。90年から2年間米国国立衛生研究所国立眼研究所研究員。94年から北大病院眼科病棟医長を務めた後、2001年開院。日本眼科学会認定眼科専門医。北大病院客員臨床教授、札幌医科大学医学部臨床教授。北海道医師会常任理事、北海道眼科医会会長。医学博士。

経験と技術を生かした手術と治療で〝目の健康を守る〟

さまざまな顔を持つ眼科医――それが笹本洋一院長だ。北大病院では毎週金曜日に「白内障外来責任医師」として診療する客員臨床教授。また、札幌医科大学では臨床教授として後進の育成に汗を流す。さらに北海道眼科医会では会長として全道約500人の眼科医の先頭に立ち、道民の目の健康を守っている。

2001年開院の「ささもと眼科クリニック」では、全道から訪れる白内障患者に日帰り手術をする専門性を発揮する一方、眼科疾患全般に対応できる幅広い知見を用いて札幌市北区麻生地区のかかりつけ医としても頼られている。

コロナ禍で笹本院長が危惧するのは緑内障の悪化だ。
「眼圧を下げる点眼薬がなくなっても受診を控え、放置している患者さんがいます。眼圧検査を受け、点眼薬を処方される。この定期通院が緑内障治療において重要です。緑内障は進行を遅らせることはできますが、以前の状態に戻すことができません。今の視野を守るために通院、点眼を続けてほしい」と呼びかける。

緑内障と白内障の自覚症状は酷似している。また、病名自体も似ているため、緑内障も手術をすることで完治すると思い込んでいる患者も少なくない。目に違和感を覚えたら受診して確定診断を受けることが重要。自己診断は極めてリスクが高い。

外出自粛による運動不足から糖尿病の悪化が懸念されている。重大な合併症の1つである糖尿病網膜症は初期段階なら完治が見込めるが、次の段階に入ってしまうと、悪化する一方で回復しない不可逆性を持つ危険な状態となる。

「初期段階では自覚症状がほとんどないまま進行します。検査で早期発見し、治療を開始することで視力を守ることができます。心当たりのある方は眼科の受診を」とアドバイスする。

なお、北大病院の診療などで笹本院長が不在時は、辻野奈緒子医師が診療を受け持つ。1993年に北大医学部を卒業後、現在まで北大病院眼科に所属。緑内障やぶどう膜炎を専門に、客員臨床医師として北大病院で診療する日本眼科学会認定眼科専門医だ。

院内すべてがバリアフリー。感染症対策もバッチリ
笑顔で患者に対応。スタッフのチームワークもいい