ほっかいどうデータベース

クラフトが「アマテラス」シリーズをリリース

フルオーダーの光触媒空気清浄機

技術と特許部品を受け自社で開発

盛和環境エンジニアリング(本社・神奈川県)が開発した空気浄化システムの「スーパー・クリーン」は、N700系新幹線の喫煙室や中央官庁などさまざまな施設に導入されている。

道内では2020年9月から建設機械設計・製造をおこなう「クラフト」(本社・苫小牧市、小野寺力社長)が北海道特別1次代理店として本格供給を開始している。

21年2月からは、盛和環境エンジニアリングの技術継承と特許部品の提供を得て、オリジナルの光触媒空気清浄機「アマテラス」シリーズの発売を開始した。各方面から協力を得て試験運用をおこない、既に受注にも結びついている。

光触媒は酸化還元反応を促進させることで、有機物や細菌を分解することができる。脱臭や除菌、抗ウイルス効果が期待でき、さまざまな局面で活用できると注目される画期的な技術だ。20年9月には奈良県立医科大学により世界で初めて光触媒材料による新型コロナウイルスの不活性化の確認も発表されている。

この反応を応用し、開発されたのが〝光触媒セラミックフィルター〟だ。これは、東京大学理学博士で国内の光触媒のパイオニア的存在である物質・材料研究機構理事長の橋本和仁氏(南幌町出身)と盛和環境エンジニアリングが03年に開発したもの。10年には特許も取得している。  

アマテラスシリーズは全てのモデルに、この光触媒セラミックフィターを標準搭載。これにより、一般の空気清浄機とは異なり、極めて臭気の強い場所にも対応が可能で、高い分解活性を発揮する。強力な脱臭力と化学物質過敏症の原因である有害物質の除菌作用が特徴だ。

希望のデザインやサイズにも対応

アマテラスシリーズのもうひとつの大きな特徴が、サイズや色、形状などデザインをフルオーダーできることだ。

建設機械の設計、製造で培った同社の加工技術を生かして要望や嗜好に合わせて自在にカスタマイズ。オリジナルの空気清浄機を作ることができる。一般家庭でインテリアと調和させたり、商業施設や飲食店では空間イメージと統一感を持たせることができるほか、限られた配置スペースに合わせて無駄なく設置も可能。

このほか、サイズが異なる既製サイズ2機種も廉価でラインナップされており、選択肢は飛躍的に広がっている。 

「光触媒は全国規模で導入されており、既にその効果は実証済みです。自社生産に乗り出したのはこの光触媒の良さを道内でも広く認知していただきたいからです」と小野寺力社長は開発経緯を話す。

本体価格は20万円(消費税別)からとなっている。外寸や仕様、価格など、詳細は問い合わせを。

アマテラスはフルオーダー対応なので、自在にカスタマイズが可能だ