ほっかいどうデータベース

長谷川産業

楽しいピンク柄の外壁が目標の「スイートデコレーション(写真は、帯広しらかば店)

「スイートデコレーション」が2月に関東で初出店

家具・インテリア専門店の「スイートデコレーション」を展開している「長谷川産業」。〝上質な家具・雑貨を、手の届く「お手頃価格」で〟をコンセプトに、店内には毎日の暮らしが豊かになる、たくさんのアイテムを用意。現在は道内を中心に16店舗を運営している。

21年は2月中旬に「スイデコ・本庄店」(埼玉県本庄市本庄2)がオープン予定。本州では、17年に開店した「新青森店」「神戸店」に次いで3店舗目で、関東圏では初出店となる。

新店舗はビバホーム本庄店の跡地で、売り場面積は約1400坪のワンフロア。家具・ホームファッション・雑貨など、約2万5000アイテムをそろえる。

「東京五輪後の景気低迷に合わせて、関東への進出は計画していました。ここ関東でも当社独自の世界観や商品が支持されれば、地域に集中して出店するドミナント戦略で、あと2店舗ほど出店していきたい」と長谷川貫一社長。

11月20日からリニューアルした公式ネットショップ「スイデコ」も〝見やすい〟〝探しやすい〟と好評。メール会員も増えているという。

「当店は女性や若者らのファン層に多く支持されています。これからもお客さまから寄せられた声をお聞きし、それを店づくり、接客、商品開発などに役立てていきたい」(同社広報部)としている。

長谷川貫一社長
店内には、インテリア家具のほか、夢ある楽しい雑貨が並ぶ