ほっかいどうデータベース

土屋ホールディングス

最高級注文住宅ブランドの「カーディナルハウス」の施工例

事業会社の横断的な連携でグループシナジーを最大化

北海道屈指のハウスメーカーである「土屋ホーム」、リフォームの「土屋ホームトピア」、不動産事業の「土屋ホーム不動産」の事業会社3社を傘下に収める。20年6月から創業51年目に突入しており、100年に向けて新たな歩みを進めている。

「激しく変化し続ける事業環境下で、グループ3社の専門性を高めるとともに事業領域の最適化を図っている。時代要請に応え得るビジネスモデルを再構築するとともに、事業会社間の横断的な連携によるシナジー効果を最大限に高めていきたい」と土屋昌三社長は意欲的に語る。

主力の住宅事業は現在、最高級注文住宅ブランドの「カーディナルハウス」と高品質ながらリーズナブルな企画住宅ブランドの「リズナス」の2ブランドに集約。例えばリズナスはリゾートエディションなど豊富なバージョンを設定し、ライフスタイルの変化に対応し好評を得ている。

一方、不動産事業は、分譲マンション「グランファーレ桑園レジェンドスクエア」(札幌市中央区)が20年2月に竣工。各社がWEBによる見学会や相談会、セミナーの開催など新たなスタイルの集客戦術にも力を注ぐなど、グループシナジーの最大化で市場の拡大に努めている。  

また創部10年目、レジェンド葛西率いる「チーム土屋」の活躍は世界水準。20年シーズンも期待される。

「リズナス」のリゾートエディションは屋上を有効活用。家族や仲間を集めたパーティスペースに
土屋昌三社長
チーム土屋は小林陵侑選手(写真)と伊藤有希選手が20年シーズンも国内大会で優勝