ほっかいどうデータベース

老舗ブランド、とんかつ玉藤を札幌全区に出店

(なかにし・たいじ)1954年生まれ。86年どうきゆうにアルバイト入社。96年に玉藤社長。2000年どうきゆう社長。まいどおおきに食堂なども展開。12年「ホクショク」買収。16年パスタ専門店「チロリン村」の商標権を取得。北海学園大学で経営学講師も務める。

中西 泰司氏 どうきゆう社長

「現地では〝ワイキキで唯一コロナに勝った飲食店〟といわれています」とは、海外初出店となった「とんかつ玉藤ハワイカパフル店」のことだ。
 18年の開業以来、行列が途切れない繁盛店として知られるが、20年はコロナ襲来でハワイ全州で店内飲食が制限される異常事態となった。
「すぐにテイクアウトに切り替えて客足は落ちていません」と一安心。道内店舗を合わせた売り上げも前年比110%。「磨いた味と接遇、安全対策を支持いただけた」とコロナ禍直撃の飲食業界にあって創業1952年の老舗ブランドが底力を見せつけた。
 21年も札幌市の全区を網羅するため南区と手稲区に出店を計画。積極姿勢だ。
「ハワイ出店など、社員が楽しめる会社づくりが私の信条。それが利益の源泉にもなる。新たな年は原点回帰。とてつもない会社につくり直す」と
〝中西イズム〟全開で進む。