ほっかいどうデータベース

職人の雇用維持と技術の伝承に全力

(おやまつ・せいいち)1963年札幌市生まれ。建設会社勤務を経て、88年コーサイ入社。15年から現職。

親松 誠一氏 コーサイ社長

「創業55周年の節目だったが記念式典は中止し、経営計画を見直しました」
 手すりやモニュメントなど建築にかかわる金属部品の企画から製造、施工まで手がける。一人親方が多い業界内で多くの職人を抱え、技術の伝承と若手育成に取り組む。
 20年は「札幌医科大学」「新十津川町役場」「ソラリア西鉄ホテル札幌」「札幌市営地下鉄真駒内駅」などの新築や改修を担ったほか、「日本銀行旧小樽支店」の補修では、道内では珍しい板金1級技能士が活躍。「道庁赤レンガ庁舎」の補修も予定している。
 一方、同業者では廃業などで技術の消失が懸念されることから「業界全体で救っていかなければならない」と危機感を募らせる。
「21年は20歳の若者を採用予定で技術を学ばせるほか、溶接ロボット導入で迅速な加工体制の維持にも取り組む。新規事業も計画中です」