ほっかいどうデータベース

クラウドサービスとの提携で事業拡大に意欲

(さとう・よしお)1953年札幌市生まれ。77年行政書士佐藤良雄事務所開設。87年キャリアバンク(札証本則上場)、97年給与計算のエコミック(東証JASDAQ・アンビシャス上場)設立。士業グループにSATO社労士法人、SATO行政書士法人、三つの労働保険事務組合等がある。キャリアバンク職業訓練協会会長。日本語学校・札幌ランゲージセンター会長。

佐藤 良雄氏 SATOグループ代表

 行政書士事務所からスタートし成長を続けるSATOグループを率いる。写真は万全の新型コロナ対策がなされたSATO社労士法人本社だ。
「国家的危機で、苦境に陥った事業者のお役にたちたい一心」で雇用調整助成金のサービス拠点を東京の飯田橋と札幌に設置。1200件、70億円超の受給申請につなげた。
 一方、20年は「Freee」「パーソルイノベーション」「SmartHR」「クレオ」と業務提携。いずれも人事労務を効率化するクラウドサービスを提供し、契約企業はSATO社労士法人のシステムを通じ、社会保険手続きの書類作成や行政届出を効率化、アウトソーシングすることができる。「企業はハラスメント対応や働き方改革といった〝非定形〟の労務問題への対応がもとめられ、社保手続きなどの定形業務はさらにアウトソーシングが進む」と、事業拡大にも意欲を見せる。