ほっかいどうデータベース

〝幸せ文化〟と〝祈りの文化〟を発信する法嗣2人

(さとう・かこう)1957年滝川市生まれ。中央大学法学部卒。07年代表役員就任。長年の全国国立大学付属学校でのPTA活動の功労から07年に文部科学大臣賞受賞。14年から附属札幌小中学校PTAOB会(ふじの輪会)会長。

佐藤 嘉高氏 弘照院ばらと霊園住職

 抜群の経営内容と安定性を誇る「弘照院ばらと霊園」。園内には本堂(総本殿)があり、僧侶が年中常駐する寺院直営の霊園だからできる真正の永代管理と供養を実証する。
 道内初の永代供養付樹木墓地「八十八ヶ所桜葬」は発売以来大絶賛され、道内各地からの申し込みが絶えない。毎年満開時期におこなう「桜祭り」は、2000人以上が参拝する一大宗教行事となった。
 20年は札幌市北区北26西4の市有地1273坪を落札。地下鉄「北24条」駅から徒歩5分と近く、樽川通りに面した稀有な土地で、ここを「弘照院北海道別院」として宗教文化発信の拠点とする。また、道内初で唯一の純木造伝統建築で総檜木造りの「五重之塔」が園内に落慶次第取りかかる。
 次代の仏教界を担う若き法嗣二人と力を合わせ、人と人が手と手を結び、合わせる、〝幸せ文化〟〝祈りの文化〟を北の大地から発信していく。