ほっかいどうデータベース

「敷鉄板」のリース開始。顧客のニーズに応える

(たかぎ・しげみつ)1968年札幌生まれ。学生時代から飲食店等を経営し、事業化に目覚める。クサビ式足場のニーズの高さに注目し足場業界に転身。一から足場事業を学び、98年、29歳の若さで足場工事・レンタル事業を起業。道内でもトップクラスの規模を誇る。

高木 茂光氏 セーフティーステップ社長

 新型コロナによる社会活動の低下は、クサビ式足場レンタル事業にも響いた。
「大変な1年だった。社員、職人の感染防止を徹底し、お客さまに迷惑をかけないよう最善の注意を払っている」
 コロナ禍での意識改革を進めるため、自ら指揮を執った。マスク等を確保するとともに道内外の各拠点との会議はWEB会議でオンライン化した。
自粛ムードの中、安全を最優先しつつ自ら新規営業に回り、社員を鼓舞した。
「リフォーム等は先延ばしする状況も見え、影響はしばらく続くと見ている。全体が滞っている時こそ、当社は〝動く〟ことを選択する」
 20年は新たに「敷鉄板」のリースを開始した。足場と同様に潤沢な供給体制と機動力を生かし、顧客の要望に応えていく考えだ。
「採用面ではチャンス。良い人材は積極的に採用したい」とコロナ終息後を見据える。