ほっかいどうデータベース

葛葉(くずのは)法律事務所

丁寧な説明と書面作成が持ち味の民事専門弁護士

「病気になれば医師に相談するように、法律のトラブルに巻き込まれた場合には弁護士に相談を」と呼びかけるのは、民事を専門とする佐瀬達哉弁護士。

徹底的に調べ上げるリサーチ力と、わかりやすく丁寧な書面作成が持ち味で、結審前に示談や和解を勝ち取るケースが多い。

とりわけ民事裁判では派手なパフォーマンスは必要ない。依頼者のメリットになることを裁判官にわかりやすく書面で伝える能力が勝敗を分ける。こうした姿勢は企業からも高く評価され、顧問契約も増えている。

佐瀬弁護士は〝敷居のない法律事務所〟を標榜しており、親身になって話を聞く。選択可能な法的手段とそのメリットやデメリット、費用までわかりやすく説明する。

「威圧的な態度を取られるのではないか」「相談だけでは終われないのではないか」と不安な人こそ佐瀬弁護士を頼ってほしい。

新型コロナの影響で、来年は企業の倒産が増えると目されているが、「倒産させるのにも費用がかかります。個人保証をしている経営者も同様です。資金が底を突く前にご相談ください。倒産手続きをせずに放置していると裁判を起こされるリスクが付いて回ります」

破産にかかる費用は負債額によるが、同法律事務所なら弁護士費用を含めて個人は50万円から、企業は100万円からが目安だ。

佐瀬 達哉
させ・たつや/2003年東京大学法学部卒業。04年弁護士登録。日本最大規模の東京「西村あさひ法律事務所」に勤務した後、「弁護士法人サリュ」では銀座と大阪で研鑽を積む。08年実務修習の地、札幌で開業。