ほっかいどうデータベース

「ほっかいどう遺産WAON」での寄付金を贈呈

左から、青栁英樹イオン北海道社長、鈴木直道北海道知事、石森秀三NPO法人北海道遺産協議会会長

イオン北海道( 本社・札幌市)は「ほっかいどう遺産WAON」の利用金額の一部をNPO法人北海道遺産協議会に寄付。9月25日に北海道庁で寄付金の贈呈式がおこなわれた。

北海道とイオン(本社・千葉市)は双方が持つ資源を有効に活用し、北海道の一層の活性化と道民サービスの向上に協働して取り組むことを目的に、2011年7月に包括連携協定を締結。その取り組みの一つとして電子マネーカード「ほっかいどう遺産WAON」を発行し、利用金額の一部をNPO法人「北海道遺産協議会」に寄付している。

2019年度のほっかいどう遺産WAONの寄付金総額は1100万8309円で、寄付金は北海道遺産である旭川市の旭橋を題材にした短編ドラマ制作事業や天塩川流域市町村による松浦武四郎絵本の制作事業など14件に活用される。

11年度分から始まった寄付金の贈呈は今回で9回目。累計金額は9853万1013円となり、カードの発行枚数も約26万1000枚(7月末現在)に達している。

9月25日に北海道庁の知事会議室でおこなわれた寄付金贈呈式で青栁英樹イオン北海道社長は「今後もWAONを通じて北海道の文化や自然保護活動を支援していきたい」と語った。

石森会長(右)よりパネルで活動報告がなされた