ほっかいどうデータベース

ノースマート

網島広和社長(左)とクリエイティブディレクターでもある松谷賢一常務

売れる仕組みをトータル的にワンストップで実現

 今まさに高いポテンシャルで全国に羽ばたこうという企業がある。それが2013年に石狩市で創業した「ノースマート」だ。企画開発からデザイン・印刷、物流管理までワンストップで手掛け急成長。今年8月には社屋を増設するなど経営基盤を強化しており、その準備は整っている。
 主軸はタンブラーやボールペンなどへの名入れ彫刻を中心とする商品企画・開発のものづくり事業だ。POPとWEB・アプリシステムを使ったキャンペーンをIoTなどを駆使して展開。現在は、大手食品メーカーの販促支援をコープさっぽろ全店で担うなど実績を積み重ねている。
 ノウハウを活かした食品開発・ブランディング事業も好評だ。18年に道内を代表する水産加工食品製造会社の井原水産(本社・留萌市)とコラボし、ブランディングやデザイン・パッケージまでトータルプロデュースで燻製数の子とチーズを組み合わせた新感覚おつまみ「カズチー」を開発した。
 この新商品を同社の販売サイトシステム「ECFLEXイーシーフレックス」を使い、単品のブランディングサイト(カズチー公式サイト)を早期にリリース。SNS戦略のほか、スピード感のあるノンストップのマーケティングによる販売戦略を実施した結果、3カ月でカズチー公式サイトの登録会員数は5万人を達成した。 
 ECFLEXはすべてを〝見える化〟するマルチモールマネジメントシステム(MMS)で、アマゾンや楽天・ヤフーなどの複数のECモールの注文・発送、商品仕入れ、顧客・物流管理のすべてを一元管理。さらに運営者の勤怠や日報、スケジュール機能も備えているため少人数ですべてを管理・運用することができる。クリエイティブディレクターでもある松谷賢一常務は「カズチーのヒットはまだ序章。今後もより多くのヒット商品を生み出す」と先を見据えており、同社ではカズチーで発揮した業務効率の実績を踏まえ、今後国内はもちろん、世界へリリースする予定だ。
 綱島広和社長は「当社の強みは、デジタルとアナログを融合し、クライアントの要望にスピード感を持って的確に応えること。ECFLEXを中心にしたビジネスモデルで、石狩から全国へ展開していきたい」と意欲的に語る。
 常識や概念にとらわれないビジネス展開を武器に、創業の地である石狩市への愛情も深い綱島社長は「世界規模のビジネスを確立して、全国のクリエイターが集まる施設を作りたい。石狩からイノベーションを起こし石狩を世界的なブランドにしていきたい」と力を込めた。

「ECFLEX」はECの業種に応じてカスタマイズ可能。複数のモールを少数で管理できる。国内・海外に向けてリリース予定。
常識にとらわれず、日常に驚きを与える商品開発を目指す