ほっかいどうデータベース

三愛地所 リフォーム事業部

10〜15年周期でおこなわれることが多い大規模修繕工

マンション大規模修繕、改修工事でオーナーから好評

 地域に根ざした総合デベロッパーとして幅広く事業を展開している「三愛地所」。最近ではリフォーム部門における大規模修繕工事で実績を伸ばしている。
 主に手掛けているのはマンションの外壁タイル補修や塗装工事。多くは賃貸マンションを対象にしている。
 依頼は建物を所有するオーナーから直接受けることが多く、「中間経費がかからず割安になる」と好評だ。
 一般的にマンションの外壁補修は10~15年周期で必要とされ、これを過ぎると、ひび割れや仕上げタイル材の落下など人身事故につながるケースも。計画的に施工をおこなうことが大切だ。
 外壁以外にも、最新機器を使用した給排水管改修のほか、受水槽交換、エレベーター交換まで幅広く対応。最近では2018年の胆振東部地震以降、とくに施工実績が伸びており、長年にわたる経験と実績がフルに発揮されている。
 大規模修繕に関する相談や見積もりは、同社リフォーム事業部まで問い合わせを。

給水管改修で使用する「NMRパイプテクター」