ほっかいどうデータベース

ファクター・ナイン

仕入れが困難な角地を取得。ひときわ目立つ存在に

外観、内装にこだわったデザイナーズマンションを企画

 単身者の場合、日中は会社や学校に行き、夜間も外出しているケースが多い。自宅で過ごす時間は短く、眠る場所と捉えている人も少なくなかった。
 そんな状況がコロナ禍で一変。自宅は余暇を楽しむ場となり、仕事や授業を受ける場にもなった。コロナ前と比べものにならないほど、居住空間の快適性が求められるようになっている。
 この状況を予見してたかのごとく、ここ数年、内装、設備の充実に取り組んできたのが「ファクター・ナイン」だ。
 周知の通り、同社の最大の武器はその卓越したデザイン力。洗練された外観に加え、居住空間までもがデザイナーズ仕様となっている。
 写真を見てもわかる通り、部屋のタイプはさまざま。遊び心を取り入れたセンスが光る内装・設備はあこがれの部屋。同時に機能性も高く、若者を中心に圧倒的な支持を得ている。

「企画・販売」のファクター・ナインを中心に、他社物件も請け負う「設計・施工」のスターマンプロジェクト。さらには建て替えや売却などの相談窓口の役割も担う「管理」のファクター・ナインサービス、施工スピードに定評がある「補修営繕・リフォーム」のナインワークスの4つのグループ企業が、賃貸経営業務にかかわる全てをワンストップサービスで提供する。
 各分野のスペシャリストが賃貸経営を全面バックアップするため、オーナーは全くの手間いらず。首都圏に住むオーナーも多い。資産運用に特化し、収支にこだわった賃貸経営を実践しているため、入退去のタイムラグが短期間なのも特筆すべき点だろう。
 なお、同社ホームページでは、これまでに企画した〝住みたくなる〟さまざまな物件を紹介している。画一的ではない、さまざまなデザインをぜひ見てもらいたい。

アクセントクロスが効果的。間接照明も人気
リビングと寝室の壁にすりガラスを入れてひと工夫
さまざまな角度から採光。全体的に開放的な雰囲気に
ホテルライクな共用部