ほっかいどうデータベース

医療法人耕仁会 札幌太田病院

改善を重ね、患者の立場に立った精神科医療を提供

 1943年に札幌初の民間精神科病院として開院した「札幌太田病院」。
 依存症や認知症をはじめ、うつ病や統合失調症、不登校、スマホ依存症、摂食障害に至るまで、多様化する精神科疾患に幅広く対応。軽症者に対する外来治療から入院治療まで、質の高い医療を提供している。
 治療では、修正型電気けいれん療法(m‐ECT)や内観療法、認知療法、作業療法、ピア・サポート、薬物療法など、さまざまな治療を実践。急性期治療病棟の平均在院日数は53日、精神科病棟全体では157日と、全国平均300日強の約半分という高実績を残している。  
 また、デイケア「きぼう」からの就労者は2018年度で18人、19年度で19人が一般就労や就労継続支援に移行している。
 法人内にあるグループホームやデイ・ナイトケア、訪問介護、就労支援事業所などの豊富な社会復帰資源を活用。短期間で元気に退院できることを目標に職員一丸となってチーム医療に取り組んでおり、退院後の支援までチームでサポートしている。

診療科目

心療内科・精神科・児童精神科・老年精神科・内科・放射線科

診療時間

  • 月~金
    9:00~17:00
    ※「予約制」再来で予約なしは9:00~11:00の受付
    ※初診は事前に電話予約が必要

  • 9:00~12:00
    ※「予約制」予約なしは8:30~11:00の受付

休診日

日曜・祝日・年末年始

地下鉄「琴似駅」から無料送迎バスを運行
中庭でのアニマルセラピー