ほっかいどうデータベース

こしお整形外科クリニック

整形外科全般

NBMを実践。患者一人ひとりに合わせた治療を提供

 NBM(ナラティブ・ベースド・メディスン)とは、患者との対話を重視した治療方針のこと。
 小椎尾恒院長は、この治療方針を貫き、幅広い整形外科疾患の患者を丁寧に診察。2007年の開院以来、訪れる患者は空知、上川管内から留萌など、道北地域にまで広がっている。
 治療は常駐する理学療法士などと連携し、保存療法を第一に選択。手術が不可避となった場合にのみ、都市圏の提携病院を紹介しており、診断から治療、術後のリハビリまで、患者個人に合わせた途切れのない治療を実現している。
 また「120歳まで生きる」を合言葉に、高脂血症や高血圧など、生活習慣病の予防や骨粗鬆症対策、高齢者の運動器リハビリなどにも注力する。
「骨粗鬆症と筋肉、血管の老化は綿密な関係性があり、予防治療することで健康に歳を重ねることが可能です。骨と筋肉、血管の分野で地域住民の長寿に貢献したい」と小椎尾院長は語る。

小椎尾 恒院長
こしお・ひさし/1993年順天堂大学医学部卒業後、札幌医科大学整形外科学講座入局。札幌南整形外科病院、砂川市立病院などを経て2007年5月に開業。日本整形外科学会認定整形外科専門医。
患者を支えるスタッフ陣