ほっかいどうデータベース

医療法人札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック

虚血性心疾患

オンライン診療を導入。心疾患の異常を早期に発見

 心臓の血管や冠動脈が詰まることで発症する狭心症や心筋梗塞。現代の食生活の変化などで動脈硬化による心臓病は、ますます増えている。
 これら虚血性心疾患と総称される病気は、近年ではカテーテル(医療用の管)を使っての治療が主流となっている。
 藤田勉理事長は、これまで数多くの心臓カテーテル治療をおこなってきた循環器内科医。施術数の多さではたびたび全国版の医療情報誌に登場している。
 札幌心臓血管クリニックでは、カテーテル室5室のほかに心臓カテーテル手術を併用できる「ハイブリッド手術室」や、256列心臓血管CTなどを完備。在籍する27人のドクターが日夜対応にあたっている。
 今年からオンライン診療を導入。自宅などからパソコン・スマートフォンによるテレビ電話での診察を開始した。遠隔地や通院の人からは負担が少なくなったと好評だ。

藤田 勉理事長
ふじた・つとむ/1986年旭川医科大学卒業。国立循環器病センター、札幌東徳洲会病院などを経て、08年札幌心臓血管クリニック開設。日本循環器学会認定循環器専門医。日本内科学会認定内科専門医。日本救急医学会認定救急科専門医。
大画面モニターを備えたカテーテル検査室