ほっかいどうデータベース

司法書士泉田陽介事務所

泉田陽介司法書士

銀行・証券口座の解約代行でスピーディーな相続を実現

 銀行や証券会社などの金融機関は、死亡の事実を知ると故人の口座を凍結処理してしまう。相続人であっても自由に預貯金を引き出すことができなくなる。

 口座の凍結解除(解約)手続きは、全ての親族の戸籍謄本を集めたり、金融機関や役所に何度も出向く必要があるなど、手間と時間がかかる。

 この代行を手がけているのが「司法書士泉田陽介事務所」だ。〝最少の労力で迅速かつ確実な手続き〟をモットーに年間70件もの相続対応をおこなっている。

「相続税の申告期限は10カ月です。そのため『複数の口座を開設している』『相続人が多い』『遠方に住んでいる』などのケースに当てはまる場合は、早めの対応が肝心です」と代表の泉田陽介司法書士。

 昨年から、司法書士が2人勤務体制となり、より多くの相続相談を受け付けているほか、ユーチューブで公式チャンネルも開設。動画で終活の重要性も説いている。

「外出を控え気味の人にはオンラインでの相談もできますので、ご検討ください」と泉田司法書士。