ほっかいどうデータベース

札幌緑地開発

大笹進社長

創業48年の実績。不動産の相続、整理を最善の手法で解決

 札幌緑地開発は1972年の創業。不動産業務全般のほか、ここ数年は土地・家屋の相続や処分などについて、各分野の専門家と提携し相談に応じている。

 不動産の相続や売却、それらに伴うトラブル解決には、不動産業のほかに、弁護士や不動産鑑定士、税理士、司法書士、土地家屋調査士といった専門家によるアドバイスや実務が必要とされる。 

 同社は長年にわたって培ってきたこれら分野の人脈を〝SRKパートナー〟として組織。それぞれが持つ豊富なノウハウで解決に導いている。いわば不動産の終活相談と実行を一本化した窓口でサービスを提供しているわけだ。

「相続や処分にはさまざまなケースがあり、債務や家庭内トラブルが絡むと非常に複雑な問題となります。ほとんどは専門知識がなければ解決することは困難です」と大笹進社長。

 専門パートナーが問題点、悩みについて適切にアドバイスし、解決へと導き、複雑な手続き関係もワンストップ・サービスでおこなっている。

 相談は午前10時から午後8時まで。土日・祝日も対応している。場所も地下鉄東西線「西28丁目」駅2番出口前と便利だ。

札幌緑地開発が所有・管理する「北5ビル」