ほっかいどうデータベース

池上学院グループ

池上喜重子理事長

教育弱者を救済する先進的な〝池上メソッド〟で厚い信頼

 生徒一人ひとりの本来の良さを見出し、認め、励まし、引き出す教育。「わかる喜び」「学ぶ楽しさ」「やったらできた」という感動と自信の実現する〝池上メソッド〟を確立。さまざまな事情で教育を受けられない教育弱者に対する先進的な取り組みで、全国的にも注目を集めているのが池上学院グループだ。 

 現在は、中核の学校法人池上学園が運営する私立通信制高校「池上学院高等学校」と「池上学院グローバルアカデミー専門学校」を展開。少子化が進むなかで現在、約1000人の生徒が学んでいる。

 スタートは1969年に開設した「池上イングリッシュクラブ」。当初は英才教育に特化していたが、85年に某予備校の計画倒産のため中学生浪人が続出。その救済のために、創設者の池上公介氏が高校再受験予備校を開校。教育弱者救済へと転換した。子どもたちにセカンドチャンスを与え基礎学力と長所を伸ばす教育を実践し〝奇跡の大逆転〟を数々起こしてきた。

 教育弱者が生まれる原因は、家庭環境や学力不振、いじめなどに加え、近年ではSNSやゲーム依存などによるひきこもり、不登校も顕在化している。

 運営する池上学院高等学校は、札幌に本校を置く道内唯一の私立通信制高校として2004年に開校。札幌本校では全日型5日通学タイプの「総合コース」も設置し、通常の高校と変わらない教育環境を整えている。もちろん、修学旅行や学校祭、クラブ活動なども実施。学力だけではなく人間力も育成する。

 函館、旭川、帯広、釧路、北見、室蘭、苫小牧といった道内主要都市にキャンパスを開設しており、生徒の負担を軽減。卒業生はこれまでに4000人を超え、大学進学や就職などで社会へと巣立っている。

 一方、池上学院グローバルアカデミー専門学校では「社会生活学科」「情報システム学科」を設置。完全少人数制で個別指導する池上メソッドが取り入れられている。

札幌市豊平区の池上学院高等学校本校舎
学園前キャンパス
池上学院グローバルアカデミー専門学校
苫小牧キャンパス