ほっかいどうデータベース

システム・ケイ

鳴海鼓大社長

ネットワークカメラシステムにAIを連携、用途拡大を図る

 受託開発が大半を占める道内IT業界において、数少ないメーカー型の「システム・ケイ」。これまでさまざまなソフトやシステムを開発してきたが、その中でもロングセラーとなっているのが「ネットワーク型監視カメラシステム」だ。

 全国大手の家電量販チェーンに約6500台の大規模カメラシステムを導入するなど、その実績は他を圧倒している。

 いまや監視カメラは工場、店舗、ATM、路上など社会のありとあらゆる場所に設置されるようになった。そしてこの用途は劇的な変化を遂げている。

 従来はセキュリティー目的の導入が大半だったが、カメラの性能向上やネットワーク化、さらにはAI画像認識も登場したことで、監視以外の目的でカメラシステムを取り入れるケースが増えているのだ。

 同社もこの潮流を敏感に察知し、「AI監視カメラ」の開発を進めてきた。そしてついにこの春、完成にこぎつけた

 ネットワークカメラシステムとAIを連携させることで、映り込んだ映像をカメラ自身が認識し、リアルタイムで解析。モノや個人を特定し、動きや変化まで丸わかりにする。カメラの精度にもこだわっており、使用するカメラは世界最高峰の呼び声高いヨーロッパ及び台湾製のネットワークカメラだ。

 侵入検知、徘徊検知、物の置き去りや持ち去り検知、さらにはラインクロス検知、人数カウント、炎検知、煙検知、暴力行動検知、人の転倒検知など、あらゆる検知を複数かつ同時に設定できる。

 また、人の転倒などを検知した際には、通知を表示したり音声を鳴らすなど、早期発見につなげるための各種イベントを作動。生命の安全に貢献できる仕組みとなっている。

 さらに、ネットワークカメラの普及に合わせて売れているのが、自社開発した録画装置のネットワークビデオレコーダー「NVRシリーズ」。各カメラメーカーに対応する汎用性と使いやすさが特徴で、性能は高く価格は安い。これまで3000社以上に納入済みだ。

転倒している人を検知し通知
2人の人物が揉めているのをAIが判断し「暴力検知」