ほっかいどうデータベース

札幌複十字総合健診センター

札幌駅北口から近くアクセスの良さも好評

働き方改革と健康経営の両立に向けたヘルスサポートを実践

 職場環境改善への意識が高まるなか、従業員の健康管理方法も進化している。中でも、注目を集めているのが企業の健康経営を支えるヘルスサポートだ。
 総合健康診断施設として道民の健康づくりに寄与してきた札幌複十字総合健診センターは、近年、産業保健サービスとして「トータルヘルスサポート」に注力。健康診断とストレスチェックの両方をおこなう健診機関として、働き方改革と健康経営の両立を目指すものだ。
 その一環としておこなっているのが「衛生委員会へのアドバイス」。健診センターで受けた健康診断やストレスチェックなどの結果を分析し、企業の特性などを踏まえた健康課題についてアドバイスする。企業は経営側・従業員がともに考える場として衛生委員会を活用する。健康づくりはもちろん、モチベーションアップやワークライフバランスの改善などにもつながる。
 他にも、健康づくりに関連するイベントの開催など、組織の健康づくりを目的に多彩なスタッフが連携しトータルヘルスサポートを展開。企業のニーズに合わせたプランを提供している。

昨年一新したロゴマーク。道民の疾病予防への熱意が込められている