ほっかいどうデータベース

小野眼科医院


小野 弘美院長 おの・ひろみ/1964年札幌医科大学卒業。同大学眼科講師を経て、82年に小野眼科医院を開院。日本眼科学会認定眼科専門医。

丁寧な診療で〝地域のかかりつけ医〟として絶大な信頼を集める

 1981年の開業以来〝地域のかかりつけ医〟として地域住人から厚い信頼を寄せられている小野弘美院長。
 特に緑内障や白内障で豊富な実績を誇る。緑内障では早期発見を目指すべく、画像診断や視野検査、神経の状態解析などさまざまな機器を使用し実施。また、白内障に関しても波面解析装置を用いて検査をおこない、患者にしっかりと説明、十分な理解を得てから手術をおこなっていく。
 手術をおこなえない症状や病状の患者に対しては、提携する大学病院などを紹介。患者が最良の治療を受けられるような提案をおこなっている。
 ベテランながら小野院長の診療は謙虚そのもの。親身になって話を聞いてくれる。
「検査機器だけに頼るのではなく、患者さんの話を聞くということも重視しています。それにより得られる情報も多々あります」と小野院長は語る。
 また、慶応義塾大学病院の眼科で緑内障を中心に治療をおこなっている小野院長の長男である小野岳志医師も不定期だが同院で診療をおこなっている。

16台分の駐車場を完備