ほっかいどうデータベース

イースタイル


築年数の経過した物件にも導入が進む

速度低下の例も。〝ネット無料〟は品質で選ぶ時代に

 空室対策の常套手段として定着しつつある入居者のインターネット無料サービス。しかし、回線の混雑などが原因で、アクセスが集中する夜間などに「動画が固まる」「通信速度が遅い」といった状況に陥っているケースも少なくない。
 入居者満足向上のために導入したにもかかわらず、入居者のフラストレーションを高め、退去につながる可能性もある。オーナーに提案する立場の企画会社や管理会社は、コスト面だけでなく、その品質にも目を向ける必要がありそうだ。
 イースタイルが提供するネット無料化サービス「イースタイルv6プラス」は、次世代通信技術により、通信速度の低下を回避。あらゆる時間帯で動画やゲームをノンストレスで楽しめる。それでいて導入費用は類似サービスと大差はない。
 空室対策に熱心な〝意識の高い〟オーナーや一部管理会社を中心に、他社からの切り替えも増えている。「〝ネット無料〟の中身を吟味してほしい」と阿部勝利社長は呼びかける。
 企画、管理会社すべてがこうした情報をキャッチできる〝アンテナ〟を張っているかは甚だ疑問。オーナーは見極める目を持つべきだ。